エクソル(京都市中京区)は6月26日、太陽光発電システムの陸屋根専用架台「X-3(エックススリー)」の販売を開始すると発表した。
 同製品は、レイアウトに自在性がある「さざ波設置」により設置面積当たりの発電量を向上させるもの。特許出願中の「インサートロック方式」を採用しており、部材数減、施工性向上でトータルコストを削減することができる。
 また、低角度・低背構造によって建物の外観を損なわず、風圧荷重負荷を軽減できるほか、陸屋根に穴をあけることなく太陽光発電システムを設置できるなど、陸屋根を最大活用できる特徴を備える。
https://www.xsol.co.jp/