住宅金融支援機構(東京都文京区)が5月1日に公表した、民間金融機関が提供する「フラット35」の2017年5月適用金利は、主力商品の金利が3カ月ぶりに下降した。
 融資率9割以下で返済期間21年以上35年以下の主力タイプの金利幅は1.06%(▲0.06%)~1.63%(参画0.04%)。最頻金利は1.06%(参画0.06%)で3ヶ月ぶりの下降となった。
 融資率9割以下で返済期間20年以下の金利幅は0.98%(参画0.03%)~1.55%(▲0.01%)。最頻金利は0.98%(参画0.03%)で、こちらも3ヶ月ぶりの下降となった。