大建工業(大阪府大阪市)は6月21日、マンション用防音床材「オトユカシリーズ」に、180㎜幅広デザインの直張防音床材「ハピアオトユカ45(180幅タイプ)」を追加した。
 直張防音床材は145㎜幅が一般的だが、クッション材の選定や仕様の見直しなどを経て技術的に難しい180㎜幅を実現した。業界初という。
 基材は樹脂含浸シート張り裏溝加工合板で、裏面は厚4.5㎜の不織布。表面は石目柄と銘木柄の全16柄で、石目柄には特殊オレフィンシートを、銘木柄には特殊強化フィルムを使った。
 遮音等級L-45。13.8x180x905。石目柄5万7000円/梱、銘木柄5万4000円/梱(20枚入り)。
https://www.daiken.jp/