国立研究開発法人建築研究所(茨城県つくば市)は3月29日、建築研究資料「緑のカーテンによる生活環境改善手法に関する研究」を公表した。
 同資料は、緑のカーテンによる建物屋内の温熱環境改善効果について、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)の所有する集合住宅を用いた実証実験等を通じて、特性の体系的把握を行ったもの。物理的な効果だけでなく、生活スタイルや使用方法、利用者の感覚などの多面的な角度から、生活動態に応じた特性を検証している。
 なお、緑のカーテンは、アサガオやツルレイシ(ゴーヤ)などの蔓性の植物をネットに這わせて建物の窓・ベランダ・壁面などを緑で覆うものを指し、緑のカーテンによる日射遮蔽によって夏季における建物屋内の温熱環境改善効果が期待されているもの。

http://www.kenken.go.jp/