(独行)住宅金融支援機構の【フラット】35リノベ(性能向上リフォーム推進モデル事業)の申込受付が今月からスタートする。

これは購入者が既存住宅の購入後に性能向上リフォームを行う場合、または事業者による性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合に【フラット35】を利用する際の借入金利を一定期間引き下げる制度。今年度はモデル事業として実施する。

具体的には、省エネ、耐震性能、バリアフリー性、耐久性・可変性に関する基準を設定しており、いずれか一つ以上の基準を適合させる性能向上リフォームを行うと、金利を0.6%引き下げるもの。金利Aプランで当初10年間、Bプランで5年間の金利引き下げ。

平成28年10月1日から29年3月31日までの申込受付分に適用される。ただし、予算額に達した場合、その時点で受け付け終了する。

http://www.flat35.com/files/300317007.pdf