LIXIL(東京都千代田区)は、最上位グレードの洗面台「ルミシス ベッセルタイプ」をリニューアルして3月1日から受注を始める。

インテリア性にこだわり、独自開発の新セラミック技術によりエッジ部の厚みを5㎜まで薄くし、洗顔時や衣類の手洗い時に水はねが気にならない幅650㎜の「ワイドスクエアボウル」を搭載した。 洗面ボウルの素材には、汚れや水アカを防いで新品時の白さを約100年保つという「アクアセラミック」を採用している。

最薄部を5㎜にし、シャープで洗練されたデザインが特徴。800回以上の試作を経て薄さと強度を両立している。ボウル右側にあるのは、髭剃りやメイク道具の一時置き場として使える「サポートボード」。

http://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/