LIXIL(東京都千代田区)は3月1日、既設サッシ枠はそのままに、最短60分でアルミ樹脂ハイブリッド窓へのリフォームが完了する「リフレム リプラス」を発売する。

壁を壊さないカバー工法はこれまで、窓の性能・使い勝手を向上するうえでは有効だが、ガラス交換や内窓設置に比べると施工時間・コストがかかるとして普及してこなかった。今回の新しいカバー工法は、いくつかの専用部材を開発することで、施工の手間を大幅に低減。とくに既存窓のゆがみ調整は現場に合わせた部材選択・加工が必要で、職人の経験や技術が求められるが、新開発の「下枠レベル調整付土台」(特許出願中)により、ドライバー1本で高さ調整ネジを回して10㎜イ内のレベル調整が簡単にできるようになった。

また、室内外での湿式シーリング作業をいっさい不要にしたことで、室内作業のみで工事が完了。2階窓でも足場を組む必要がなく、狭小地でも気軽に窓リフォームを行うことができる。1窓あたりの工事時間は従来カバー工法の半分程度、最短60分で完了するという。すっきりとしたデザインも大きな特徴で、従来のカバー工法より開口面積を約11%向上。室内側立ち上がり寸法は業界最小の24㎜とした。断熱性能は2.33W/(m2・k)以下相当。

雨戸・シャッター付き、面格子付きを含むあらゆる年代・型式の引違い窓に対応。既存引違い窓の約8割の窓リフォームが可能になるとする。