良質リフォームの会は、優良なリフォーム・リノベーションをお届けしようと努力研鑽しているリフォーム会社が集う一般社団法人です

行動基準

初回ご面談時

  1. 建設業許可または建築士事務所登録がなされていることをお客さまに説明している。
  2. 建設工事賠償保険または建設工事組立保険に加入していることをお客さまに説明している。
  3. 自分自身の資格および人となりをお客さまに紹介している。

現場調査時

  1. 別紙マナー基準を遵守している。
  2. 現調チェックシートを使い、もれなく現場調査をしている。

見積時・ご契約前

  1. プラン・見積の社内確認を実施している。
  2. 構造にかかわる部分については建築士が確認している。
  3. リフォームの制限等の事前説明を実施している。

リスクのご説明

  1. 施工しない部分があることで将来発生しうる問題点
  2. 法規、管理規約、工期、技術、既存状態からの制限により施工出来ないことがあること
  3. 近隣への配慮の必要性
  4. 工事中の臭い・音・ほこりが発生すること
  5. 素材、施工方法の違いによる仕上がり、使い勝手、劣化状況等に差が出ること
  6. カタログ、サンプルと実際の仕上がりは感覚的に違いが出る場合があるということ

仕様のご説明

  1. プラン・見積の内容について明細書を提出し説明している。
  2. プランについて プランの基本的な考え方を説明している。
  3. 使い勝手、機能、デザインを説明している。
  4. 使用する素材、商品、施工方法を説明している。
  5. メンテナンス性を説明している。
  6. 工期を説明している。

見積書・内訳明細書

  1. 有効期限を明記している。
  2. リフォーム工事の範囲と条件、別途工事の内容を明記している。
  3. 使用する部材のメーカー名、品名、品番、数量、単価を明確にしている。
  4. 数量を表しにくいものを除き「一式」の表記は避けている。

ご契約時

  1. 当会の基準に基づく契約書を使用している。
  2. 契約書の内容と一体の見積書、平面図、仕上表を提示している。
  3. 契約書について 工期、請負代金、支払い方法を説明している。
  4. 定められた印紙を貼り、割り印し、2通作成署名捺印の上、注文者請負者各々一通を保管している。
  5. 約款については必ず以下の説明を行っている
    1. 請負条件
    2. 瑕疵担保責任
    3. 工事内容変更の場合の対応
    4. 遅延損害金
    5. クーリングオフ
    6. 個人情報の取り扱い
    7. 紛争の解決方法について
  6. お客さまの所有物の利用についての確認がされている。
  7. 家財の移動が生ずる場合の費用についての確認がされている。

着工前

  1. 工程表を提示して説明している。
  2. 近隣挨拶を実施している。

工事期間中

  1. 自社で施工管理を行っている。
  2. 一日一回お客さまと連絡を取っている。
  3. 工事部分および搬入路養生を行っている。
  4. 毎日清掃を行っている。
  5. 法令を遵守した廃棄物処理を行っている。
  6. 追加、変更工事の対応が出来ている。(変更確認者の取り交わしの実施)
  7. 隠蔽部分の写真撮影を実施している。
  8. 自社中間検査を実施している。
  9. 自社最終検査、施主検査を実施している。

お引き渡し

  1. 機器等の取り扱い、メンテナンス方法を説明している。
  2. 工事完了確認書または受領書をお客さまと取り交わしている。
  3. 保証書を発行している。
  4. お客さまアンケートの実施により満足度を確認している。

アフターメンテナンス

  1. アフターメンテナンス対応の仕組みがある。
  2. 不具合発生時は対応日時の設定を含め即日対応している。

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

良質リフォーム・チャンネル

2015年6月更新しました。 完成現場見学会の様子です。

首都圏をカバーしています。


参加企業

株式会社アイ・シー・ジー
株式会社加賀妻工務店
セキスイデザインワークス株式会社
東京ガスリモデリング株式会社
東京セキスイファミエス株式会社
有限会社ぐっとりホーム
有限会社アイホーム
有限会社アクセスホーム
株式会社KRA
エバー株式会社
内藤建設
Papa‘s House
PAGETOP