良質リフォームの会は、優良なリフォーム・リノベーションをお届けしようと努力研鑽しているリフォーム会社が集う一般社団法人です

21年度(2009)第二回採択事業

提案者(代表者) 良質リフォームの会 受付番号※ 09-1-
応募事業提案名 中古マンションを超!新築に再生する「リノマンション」システム
改修の程度 ■全面的改修      □部分的改修
■    提案の対象
本事業の対象とする既存住宅は中古マンションの専有部分とし、対象とする建築主は、自己所有の中古マンションをフルスケルトンリフォーム(以下リノベーションリフォーム)工事を行う者と中古マンションを購入後にフルスケルトンリフォーム(以下リノベーションリフォーム)工事を行う者とする。本提案では、前者を生活者1、後者を生活者2とする。

*応募事業提案名の「リノマンション」とは「リノベーションリフォーム工事と中古マンション」を組合わせた造語で、当会会員企業である株式会社ライフデザインが行っている中古マンションのリノベーションリフォーム工事の名称である。
■    提案の目的
1.長期優良住宅の啓蒙生活者に向けて、ストック型社会の実現と言う理念に沿って「既存中古マンションのリノベーションリフォームによる長期優良住宅の実現」という方法を新築マンションと同等以上に価値ある住宅取得の選択肢として社会的認知を高めていく。2.リノベーション施工技術の普及他部門で提案する良質リフォームの会による維持管理システムおよびインスペクターの住宅診断業務との連携により、長期優良住宅を実現させるリノベーションリフォーム施工技術基準の普及とその業務に関連する事業者・社員・作業員に対してリノベーションリフォーム事業が果たす社会的意義を啓蒙する。

■    長期優良住宅の基本的な考え方

1.第三者機構によるリノベーション工事検査の導入

既存マンションの在宅リノベーションリフォーム工事、中古マンション購入入居前リノベーションリフォーム工事について共に従来はリノベーションリフォーム施工業者が個別に行っていた工事検査を第三者機構であるインスペクターが客観的な立場で行うことで生活者が漠然と抱えていた「リフォーム工事の品質」「施工会社への信頼性」に対する不安と不信を払拭させ、一定の施工品質基準を確保する。

2.住宅履歴情報の一元管理による世代を越えた資産価値継承の実現

従来はリノベーションリフォーム施工事業者が個別に保管管理を行っていた工事の契約・設計図書・工程写真などの住宅履歴情報を、組織的な第三者機構である情報サービス機関が一元管理することにより、長期に渡って効率的かつ適切に活用する。

3.異業種の連携により生活者の利便性を格段に向上させ中古マンションの流通を促進させる

従来は生活者が中古マンションを購入し入居前にリノベーションリフォーム工事を行う場合、個別に相談・依頼していた不動産仲介業務とリノベーションリフォーム工事に加えて、対象物件の建物診断を行い購入の意志決定について支援するインスペクション業務の3業種が横断的に連携し、不動産購入・リノベーションリフォーム施工に関するコンサルティングサービスを提供する。

 

■提案事業のフロー

①本事業のフローはリノベーションリフォーム工事段階からのフロー(生活者1)と不動産購入段階からのフロー(生活者2)の2つのフローがある。リノベーションリフォーム工事段階以降のフローは共通となり、生活者のライフステージやライフスタイルの変化に伴い数十年単位のサイクルで繰りかえされることを想定している。

②不動産購入段階において、住宅診断・資産評価を行い、それに基づくリノベーションリフォーム工事プラン及び費用等の提案を行なう。(リノベーションリフォーム施工業者、ホームインスペクター、不動産仲介業者による3者の連携)

③リノベーションリフォーム工事段階は、工事の中間検査、完成検査をホームインスペクターが行なう。リノベーションリフォーム工事中や工事完成後のホームインスペクションも併用することで、予定性能と品質の確保を行い中古物件の質の不確実性を排除する。

④施工完了後に住宅履歴書を作成し、生活者に保証書類とともに提供する。

⑤生活者の居住開始後は住宅履歴書の保管と更新、工事保証とアフターメンテナンスを定期的、継続的にサポートする。

⑤長期に渡る保証及びアフターフォローの体制を担保するために「良質リフォームの会」と連携し、上記のサポートを定期的、継続的に行う。

⑥不動産売却段階又は再リフォーム段階では、ホームインスペクションを行い、住宅履歴書の履歴と照合し、当該住宅の品質・仕様を確認にした上で、対処方法を検討し、提案することで長期に渡る使用を促進する。

■先導性・モデル性の高い点

1. リノベーションリフォーム工事とホームインスペクション及び不動産仲介事業の連携体制を構築することによる中古市場のユーザビリティの向上。

①生活者が各事業者に個別に依頼していた従来の状況から、窓口を一本化した提案事業によりスムーズな取引全般業務を行なことができる。

②生活者の中古物件の購入、リノベーションリフォーム工事及び工事後のアフターメンテナンスを一貫した体制で行なうことができる。

2.既存住宅の現状把握及びリノベーションリフォーム工事段階でのホームインスペクションの導入。

①劣化状況や改善策、改善効果まで含めた物質的・資金的判断を容易にし、物質的・資金的包括的マネジメント業務を可能にする。

②既存住宅のリノベーションリフォーム工事による品質・性能向上が明確になる。

③既存住宅の流通における住宅の質の不確実性を排除することができる。

④ホームインスペクションによる現状把握と改善策の提案及び工事完成後の品質確保を可能にする。

⑤既存住宅性能評価による資産価値向上に向けた取組みを可能にする。

3.「良質リフォームの会」による住宅履歴書の保管と継続的な定期点検案内。

①生活者のライフスタイル、ライフステージの変化に伴い、再度リフォーム工事を行う際の基本データーとなり、スムーズな工事が可能となる。

②生活者が将来的に居住している物件を売却する場合でも住宅履歴書のデーターが、当該物件の品質を保証するものとなり、資産価値の向上及び流通促進に寄与する。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

参加企業

株式会社アイ・シー・ジー
株式会社加賀妻工務店
セキスイデザインワークス株式会社
東京ガスリモデリング株式会社
東京セキスイファミエス株式会社
有限会社ぐっとりホーム
有限会社アイホーム
有限会社アクセスホーム
株式会社KRA
エバー株式会社
内藤建設
Papa‘s House
PAGETOP