良質リフォームの会は、優良なリフォーム・リノベーションをお届けしようと努力研鑽しているリフォーム会社が集う一般社団法人です
コラム
  • HOME »
  • コラム »
  • 未分類

未分類

vol.6不動産業界とリフォーム業界の協業(1)

2010年5月に閣議決定された「日本の新経済成長戦略」   日本のリフォーム市場は不動産業界の中古流通市場と並んで2020年度までに倍増させる目標が設定されました。リフォーム市場は日本の経済を成長させる数少ない …

vol.5「リフォームに掛かる費用」

リフォームに「かけるべき費用」と「かける必要のない費用」 「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」という国策が打ち出され、住宅リフォームによる既存住宅の長寿命化や省CO2化が加速度的に普及しつつあります …

vol.3「中古を買ってリフォーム」にシフト

中古を買ってリフォームにシフト 当会の事例では、8年ほど前から「中古マンションを買って入居前に大掛かりなリフォームを行う」ご相談が増えてきました。 2006年ころは、年間30件程度でしたが、現在では年間で80件を超える勢 …

リフォーム随想vol.20「オーダーメイドということ」

オーダーメイドということ 家づくりは「あつらえ物」である。英語で言えばオーダーメイドということ。まず、敷地の条件をよく読みこんで、そして住む人の生活ぶりや好みを聞きとって、仕立て上げるのである。 リフォームの世界では、敷 …

リフォーム随想vol.19「スケルトン・インフィル(3)」

スケルトン・インフィル(3) スケルトン・インフィルの思想のとっても大切なところは、スケルトンの設計者と、インフィルの設計者を別々に考えているという所である。 もしもスケルトンが100年の寿命を持っているとすると、100 …

リフォーム随想vol.18「スケルトン・インフィル(2)」

スケルトン・インフィル(2) 長期優良住宅認定制度という住宅の補助制度がある。長期とは200年位をイメージしていて、その200年の間に数世代の人々が住み継いでいくことを想定された住宅を助成する仕組みである。親子孫という相 …

リフォーム随想vol.17「スケルトン・インフィル(1)」

スケルトン・インフィル(1) スケルトン・インフィルという言葉に触れたのは約20年前のことである。大阪ガス実験集合住宅NEXT21というプロジェクトに巡り合って、ここで全力を出し切らなければ、何のために建築を志したのか分 …

リフォーム随想vol.16「ストック再生という仕事」

ストック再生という仕事 ストックとは少々耳慣れない言葉であるが、お店に商品の蓄えがあるとかないとか言う時に、ストックがある、ストックが無いなどと表現するように「在庫」や「備蓄」のことを言う。 もともと経済学で使われる言葉 …

リフォーム随想vol.15「時間を織り込んだ間取り———-少子高齢化を考える」

時間を織り込んだ間取り———-少子高齢化を考える 新築マンションのプランニングは未だに、3LDK標準の世界に留まっている。何ということだろう。 親子4人の標準世帯と言われた時代から、約 …

リフォーム随想vol.14「リフォーム性能の見極め方(その8)—-給湯方式」

リフォーム性能の見極め方(その8)—-給湯方式  リフォームの設計で意外と手こずるのは、給湯方式の決定である。マンションが出来た年代によって、給湯方式は目まぐるしく変化している。 今でこそ、給湯はセントラルで …

1 2 3 »

良質リフォーム・チャンネル

2015年6月更新しました。 完成現場見学会の様子です。

イベント情報


開催予定のイベントはありません。

RSS お知らせ

首都圏をカバーしています。


参加企業

株式会社アイ・シー・ジー
株式会社加賀妻工務店
セキスイデザインワークス株式会社
東京ガスリモデリング株式会社
東京セキスイファミエス株式会社
有限会社ぐっとりホーム
有限会社アイホーム
有限会社アクセスホーム
株式会社KRA
エバー株式会社
内藤建設
Papa‘s House
PAGETOP