良質リフォームの会は、優良なリフォーム・リノベーションをお届けしようと努力研鑽しているリフォーム会社が集う一般社団法人です
お客様インタビュー

自分たちで一から作り上げた幸せな住空間が完成

築41年の中古マンションを購入し、ビンテージ感を基調とする上質な空間をデザインされたM様宅を訪問しました。もともとインテリアに興味をお持ちのご夫妻。色や柄を使ったコーディネートが楽しいとおっしゃる奥様のセンスに、モノトーンも好まれるご主人のセンスとが相まった、ご家族の幸せ溢れるお住まいが完成しました。

 他人のデザインではなく自分たちの空間を求めて

-今日はリノベーションの完成から一年ほどが経過しての訪問となりましたが、少し前を思い出していただいて、まずはこのお住まいを選んだ経緯を教えてください。

ご主人:これまでは新築マンションに住んでいたんですけど、下の子供が出来たこともあって、この先手狭になってくるだろうと考えたのがきっかけのひとつですね。そのマンションも素敵だったんですけど、やはり他人がデザインしたものなわけで、いつか自分たちで一から住まいを作り上げてみたいという想いを前から持っていました。

奥様:他人が作ったものの中から選ぶのではなくて、初めから自分たちでやってみたいっていう気持ちですね。エリアは子供の学区も考えて選びました。

-それでこちらを中古で購入されたと。

ご主人:フルスケルトンにすることを前提にしていたので、販売前にリフォームされていない物件を探しました。ほかはどれもリフォーム済みとして売りに出されている物件ばかりでしたが、ここは前のオーナーが住んでいたときのままだったんです。

 アメリカの個人宅も参考にしながら色使いをデザイン

-ウェブサイトに掲載されているM様のリノベーション事例は楽しそうな雰囲気が感じられるお住まいとして興味を持つお客様も多いそうですが、初めからこういうイメージでまとめようと考えていたのですか?

ご主人:インテリアには昔から興味があって、雑誌なんかもよく見るんですけど、「新建築」という雑誌に載っていたインテリア写真がとても気に入っていて、その雰囲気が今回のイメージのベースになっています。また、仕事の関係でしばらく前にアメリカに住んでいたのですが、向こうの人たちはとくにお金持ちというわけではないのに、ダイニングの壁全体をボルドー色に塗ったり、自分たちでキッチンを取り付けたりと、工夫するのが当たり前になっていて、そういう影響もありますね。

interview_005014017

 

奥様:全体の雰囲気は雑誌写真のようなビンテージ風をベースにしながら、壁は白ではなくて色にしたいなと思っていました。主人はどちらかというとシンプルな方が好きらしいんですけど、私は色を使ったり柄を使うほうが好きで、たとえば壁に色があるだけでも楽しいし、雰囲気もずいぶん変わるじゃないですか。元気が出るというか。主人を放っておくとモノトーンの男っぽい家になってしまいそうだったので、その点はずいぶん説得しました(笑)。

ご主人:インテリアの世界にはシンプルを佳しとする「ミニマリスト」っていうカテゴリーがあって、僕は昔はそっちだったんですけど、最近はかなり妻に影響されています。

-白系のクロス貼りのお住まいが多いなかで、こうした壁の色使いはとても新鮮に感じます。今は何色ぐらいを塗り分けているのですか?

奥様:廊下、洗面所、寝室、子供部屋、キッチン・・・それぞれ違う色なので6色か7色ぐらい使っていますね。塗装屋さんにいって小さいサンプルを見ながら、これとこれが合うかどうかって見比べたりするんですけど、結局は実際に塗ってみないとなかなか判らなくて、キッチンも最初黄色にしたらこれが大失敗で(笑)、茶系に塗り直したなんていうこともありました。

ご主人:費用を抑えたかったので、壁は毎週金曜日の夜に僕が全部塗ったんです。いわばミッドナイトDIYですね(笑)。

 

interview_005014017

-リビングは一段下げているんですね。

ご主人:単なる広い空間としてではなく領域感を出したかったので、知り合いのクリエータのアドバイスもあって、リビングだけ床面を少し下げています。QRC会員リフォーム会社の施工事例にも同様のがあって参考にしました。

見積りの明朗さなどからQRC会員会社を選定

-リフォーム会社はどのように探したのですか?

ご主人:あるキッチン会社のショールームを見に西新宿に行ったときに、リビングデザインセンター「OZONE(オゾン)」(http://www.ozone.co.jp/)にふらっと立ち寄ったんです。リフォーム会社を紹介してくれるというので、QRC会員会社を含めて複数紹介してもらったんですけど、そのうち一社は僕らがリフォームを考えていた時期は忙しくて工事が出来ないって言われたんですよ。もうひとつ、実家の修繕をいつも依頼しているリフォーム会社にも声を掛けたんですけど、あまりにも見積りがざっくりすぎて、すごい不安を覚えたんです。一方でQRC会員会社から出てくる見積ってものすごく細かいんですよ。頂いた見積りをチェックしておかしくないなって思いましたし、これだけ見積もりが明朗なら、あとになって設計変更したとしても金額の増減をきちんと把握できるだろうなと思って、そういった理由からQRC会員会社に決めました。

奥様:QRC会員会社のオフィスにお邪魔したときに、壁の雰囲気とかもとても素敵で、照明などには真似したいようなアイディアもあって、こういうテイストのところだったらお願いしたいなって思ったんです。ですから、結構、運命的に決まっていった感じですね。この物件を見つけて、たまたまOZONEに行ったらQRC会員会社を紹介してもらって、オフィスに行ってみたら対応も雰囲気も良くて、みたいな感じで。

interview_005014017

 

-QRC会員会社以外にもスケルトンリフォーム(リノベーション)を手掛けるマンション専門のリフォーム会社はいくつかありますが、そういったところにはコンタクトはしなかったのですか?

ご主人:インターネットで検索はしてみましたけど、ウェブだけじゃ判断できないじゃないですか。それにQRC会員会社を訪問したときに、いろいろ相談したら安心できそうだなと感じて、結局ほかの会社に話を聞いたり相見積もりを取ったりはしませんでした。

 自分たちで工夫しながらリフォーム費用を抑える

-施工事例の読者からすると、マンション購入費用とリフォーム費用の資金繰りがいちばん気になるところではないかと思います。

ご主人:ここは普通に住宅ローンを組んで買いました。リフォーム費用は、金利が少し高いんですけど銀行が用意しているリフォームローンを使って、あとは自己資金ですね。貯金はもうなくなりました(笑)。

奥様:うちは夫婦ふたりともフルタイムで働いていますが、それでも自転車操業もいいところで、返済が働くモチベーションになっているような感じです(笑)。

-リフォームを進めていくうちに金額が増えてしまうこともあったかと思います。

奥様:最初は600万円ぐらいに収めたいって考えていて、費用をExcelで管理していたんですけど、どうしても、あとでやると余計に高くなるだろうなって考えてしまうじゃないですか。どうせだからあれもこれもやっておこうとなって、最終的には800万円ぐらいにまで増えちゃいましたね。ブレーキ役不在で、主人と一緒になってアクセルを踏んでいたときもありましたから(笑)。

ご主人:お金を掛けるところと自分たちで工夫できるところのメリハリをどう付けるかですよね。費用を少しでも抑えるために、壁は自分たちで塗ったり、キッチンはイケアで手配するのでこの日だけ工事を開けておいてくださいとか、そういうわがままはQRC会員会社にずいぶん聞いてもらったんですよ。大手のリフォーム会社だとおそらくは対応してくれなかったでしょう。

 家族の絆が深まる素敵な住まいが誕生

-最後に、ご夫妻にとって今回のリノベーションはどのような価値あるいは意味がありましたか?

奥様:一言でいうとこの家に住んでとても幸せになりました。自分たちでいろいろなことを選んで決めたのですごく愛着がありますし、まだまだ進化させられるという楽しみもあります。今まで住んできた新築マンションとは比べ物になりませんね。子供たちと過ごす空間も広くなって家族の絆が深まったような感じです。とにかく家にいて幸せですし、友人を呼ぶのも楽しくなりました。

ご主人:前の新築マンションも素敵ではあったんですけど、それほど広くなかったこともあって、あまり家にいたいと思わなかったんですよ。週末も出掛けてましたし。でもこっちに移ってからは、家にいることが多くなりました。そういう家作りにあたって、QRC会員会社はとても融通を利かせてくれて、おそらくはほかのリフォーム会社ではやってくれないこともやってくれたかなと。見積書が明朗会計だったことも含めて、信頼してお任せできたと思っています。

interview_005014017

 

-素敵な空間の隅々から、住まいに対するご夫妻のこだわりと愛情が感じられるようです。
本日はありがとうございました。

写真コーナー

  • interview_005014017
  • interview_005014017
  • interview_005014017
  • interview_005014017

事例リンク

施工事例はこちらから
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

良質リフォーム・チャンネル

2015年6月更新しました。 完成現場見学会の様子です。

首都圏をカバーしています。


参加企業

株式会社アイ・シー・ジー
株式会社加賀妻工務店
セキスイデザインワークス株式会社
東京ガスリモデリング株式会社
東京セキスイファミエス株式会社
有限会社ぐっとりホーム
有限会社アイホーム
有限会社アクセスホーム
株式会社KRA
エバー株式会社
内藤建設
Papa‘s House
PAGETOP