良質リフォームの会は、優良なリフォーム・リノベーションをお届けしようと努力研鑽しているリフォーム会社が集う一般社団法人です

何故この制度を利用するのが良いのでしょうか?

大型リフォームは素人の手に負えません

ご自宅を大規模にリフォームして全く新しい生活を始める、あるいは中古住宅を購入して全面リフォームし、新築以上の快適な居住空間を手に入れる。

近年、こういった「大型のリフォーム」が注目されています。しかし大型化に伴って金額も大きくなり、またリフォームは新築と違った検討事項も非常に多いため、住宅建築の素人であるお客様が実行するに当たっては不安が大きいのも事実です。

先ず業者選定。何社かに見積依頼されると思いますが、総額の違いは分かっても詳細は読みとれず、妥当な数字か否か、安い業者に任せることが適切かどうか確信を持てません。

リフォームの提案内容についても、技術的なリスクについては判断できません。契約を結ぶときには、契約書や保証内容に不安が残ります。さらに工事期間中には、手抜きなくきちんと施工されているか否か、素人ではほとんどチェックできません。

専門家を味方につけましょう

そこで出来るだけ実績があり、信用度の高い業者を選んでお任せするということになります。

勿論、現状ではそうする事が良いと思いますが、どなたかお知り合いに専門家がいて相談できる方がいらっしゃれば、「もっと安心して、もっと良いリフォームができたのではないか」と考える方が多いのではないでしょうか。

本会の「リフォームサポート制度」は、まさしくこの“友人の専門家”の役割を果たすものです。

リフォーム会社からの見積書や提案書をチェックし、お客様が比較検討するに当たって専門家の目でサポートします。また契約に当たっては、契約書や保証書に不備がないか否かをアドバイスします。

以上の費用は3万円です。

工事中のチェックもお客様に代わって行います

また当会の会員企業とご契約された場合には、工事内容について単に施工会社が責任を持つということだけでなく、会としてお客様の視点で工事をチェックし、監理します。

例えば、工事途中の経過について適宜検査し、その内容をお客様に伝えます。特に施工してしまうと目に見えなくなってしまう壁や床の下の工事がきちんと行われたかどうか確認します。

勿論竣工時の検査も行い、1年後の点検状況についてもチェックいたします。

いくら実績と信用がある企業であっても、いつでも完全とは限りません。会としてお客様に代わって二重にチェックし、住宅建築の素人であっても自信を持って楽しくリフォームを推進していただける体制を整える、これが「リフォームサポート制度」です。

トラブルの原因はコミュニケーション不足です

トラブルの多くはお客様と業者のコミュニケーション不足によるものです。
両者の思いを橋渡しするのもこの制度の重要な役割と考えています。

リフォーム・リノベーションで失敗しないために

「専門家を味方につける」リフォームサポート制度を利用して、後悔しない、失敗しないリフォーム・リノベーションを実現してください。
なお工事契約後のチェック費用は、施工会社の工事監理サポート費として施工企業から徴収し、お客様からいただくことはありません。

 

QRC3.001

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

参加企業

株式会社アイ・シー・ジー
株式会社加賀妻工務店
セキスイデザインワークス株式会社
東京ガスリモデリング株式会社
東京セキスイファミエス株式会社
有限会社ぐっとりホーム
有限会社アイホーム
有限会社アクセスホーム
株式会社KRA
エバー株式会社
内藤建設
Papa‘s House
PAGETOP